担当者が病気で入院したり、辞めたりした場合の業務の引継ぎはどうすればいいのでしょうか?

投稿日:

実際にその業務をなさっていた方から業務を引き継がせて頂くのがベターな場合が多いです。
しかし、病気や急な退職等でその業務をなさっていた方がいらっしゃらない場合もご安心くださいませ。
当社は、税理士事務所として、多くの企業で経理・総務業務の構築や改善を実施してきましたので、経理・総務業務マニュアルの作成実績が豊富にあります。
そのため、過去のデータや帳票類から調査し、現状のマニュアルを作成したうえで、さらに良くなる改善ポイントがあれば、より最適な方法を構築提案致します。
また、新しく経理担当者を採用された場合には、御社の経理担当者さんが経理・総務業務に携われるように当社が作ったマニュアルに基づいて引継ぎ支援もさせて頂きますのでご安心ください。
なお、費用は引継ぎ完了の目安に基づいて事前にお見積りさせて頂きます。

上記以外で確認されたいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL 06-4790-9707
メールでの問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

-

Copyright© 経理代行サービス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.